あなたの歯並びのタイプは?


ご自分の歯並び、お子さんの歯並びと下の写真を見比べてみてください。

下記はすべて「不正咬合」といわれる歯並びです。全てCS矯正歯科クリニックでの治療例です。

 

現在の歯列矯正治療では、歯を三次元的に、どの方向にでも動かすことが可能です。健康な歯の神経を殺して削る「差し歯」や、顎の骨を切るような大手術をしなくても、ほとんどの場合、矯正治療で綺麗な歯並びと健康な噛み合わせを作ることができます。

 

あなたの歯のタイプはどれでしょう? ご自分の歯並びがこれより重症だと思っても、あきらめずに一度CS矯正歯科クリニックにご相談ください。


上顎前突

じょうがくぜんとつ

 

いわゆる「出っ歯」です。 上顎の歯が前に出ている状態をいいます。

上顎前突

before

上顎前突

after



乱杭歯

らんぐいば

  

「叢生(そうせい)」ともいいます。

歯の大きさに対して、歯が生えてくるスペースが小さいために、凸凹に並んでしまうことをいいます。

乱杭歯

before

乱杭歯

after



八重歯

やえば

  

これも「叢生」の一つです。犬歯(真ん中から3番目)が飛び出して低い位置に生えている状態をいいます。西洋では吸血鬼の歯並びと思われ、敬遠されることがあります。

八重歯

before

八重歯

after



切端咬合

せったんこうごう

  

上下の前歯が重ならず、切端と切端がぶつかってしまうことをいいます。

切端咬合

before

切端咬合

after



正中離開

せいちゅうりかい

  

いわゆる「すきっ歯」です。正中(せいちゅう)の前歯の2本が開いている状態をいいます。

東洋では正中離開部より幸運や財産が逃げてしまうという迷信があります。

正中離開

before

正中離開

after



反対咬合

はんたいこうごう

  

いわゆる「受け口」です。下の歯が上の歯より前に出ている咬み合わせをいいます。

反対咬合

before

反対咬合

after



開咬

かいこう

  

奥歯を咬みしめても前歯などが咬み合わず、開いた状態になることをいいます。

開咬

before

開咬

after



子供の矯正・小児矯正

お子さまの歯並び

乳歯期の反対・交叉咬合は顔面の骨の変形を招くことが多く、早い時期での矯正治療が必要です。特に小児の交叉咬合は、一般歯科の先生や3歳児健診で見落とされることが多いので、保護者の方の注意深い観察が必要です。

 

お子さまの歯並びについて、詳しくは子どもの矯正治療(小児矯正)をご覧ください。 



最新の矯正治療インビザライン

インビザライン

透明なマウスピース型の最新歯列矯正。治療前のコンピューターシミュレーションで治療後の姿まで確認できます。

表側裏側矯正装置の種類

表側裏側矯正

表側・裏側装置を多種類取り揃えています。ご予算やご希望を伺い、患者様にピッタリの装置をお選びします。


子供の矯正・小児矯正

お子さまの矯正

歯列矯正治療の必要性の有無や緊急性、治療費や治療期間の的確なお見積をしてから治療を開始します。

アンチエイジング審美歯科

審美歯科

ホワイトニング・クリーニングで輝くような白い歯に!ボトックスやヒアルロン酸注入などの美容メニューも。

 



当院の全ての装置で矯正モニターができるようになりました!

矯正モニター

初診無料カウンセリングご予約

お電話でカウンセリングを予約する

入力フォームでカウンセリングの問い合わせをする